本文へスキップ

『通関士になりたい』では、通関士の仕事や職場、資格のとり方などについて解説しています。

通関士とは/通関士の資格と仕事

通関業者で実際に税関に対する手続を代理・代行している者が「通関士」なのです

通関業者で実際に税関に対する手続を代理・代行している者が「通関士」なのです。

通関士とは

外国貿易において商社やメーカー等の輸出入者が商品を輸出入する場合には、税関に申告し許可を受けなければなりません。

しかし、その許可を受けるまでの手続は専門的であり高度な知識が要求されるため、通常、輸出入者はその手続を専門の業者に代理・代行してもらいます。

その代理・代行を行う業者を通関業者といい、通関業者の行う輸出入に関する手続を通関手続といいます。

そして、通関業者で実際に税関に対する手続を代理・代行している者が「通関士」なのです。


また、通関業法施行令第4条第1項では、「営業所ごとに専任の通関士を1名以上おかなければならない」と規定されていて、通関士は通関業者にとって不可欠な人材ということができます。

また、通関士は、輸出入手続きだけでなく、通関に関して問題が起こった時も通関士が活躍します。

例えば、通関に関して税関長が行った行政処分に対して不服がある場合、当事者は、税関長に対して異議申し立てを行ったり、財務大臣に対して審査請求をすることができますが、これらの「不服申し立て」の代理で行うことが通関士はできるのです。

そして、通関士は、輸出入を行う会社に対してアドバイスを行うなど輸出入のコンサルタントとしての一面も持っています。

日本での膨大な輸出入業務のキーマンである通関士は、まだまだ不足しているといわれていて将来を見据えたうえでも魅力的な資格であるといえるでしょう。


通信講座で通関士になろう新着情報

 通関士 通信講座 生涯学習のユーキャン

効率的に重要な点をおさえた学習を

忙しいあなただからこそ、ペースのつかみにくい独学ではなく、計画的で効率の良い学習が効果的なのです。

1日60〜90分程度で、区切りよく、効率的に進められるユーキャンのカリキュラムと教材は、多くの受講生に評価されています。

バナースペース

リンクについて

当サイトでは相互リンクをしていただけるサイトを募集しております。

お申し込みはこちらから⇒

LINK1